歯科衛生士を支援

歯科衛生士は乱立する歯科医院や予防歯科に対する意識の高まりから数年前から「求人ができない」「良い歯科衛生士がいない」と言われる売り手市場の職種です。

したがって、給料や年収も20代であれば女性が圧倒的に多いという事も影響して同年代よりも多い傾向にあります。

しかし、職場環境や歯科衛生士個人にフォーカスを当てると必ずしも誰もが満足した毎日を送っていない事がよくわかります。

これは有能な歯科衛生士の数が圧倒的に足りないという背景があるものの、歯科医院という少人数の組織の中で歯科医師の補助的な役割と言う旧来の立場や待遇が強く影響しています。歯科衛生士の生活や仕事に対しての満足度、幸福度の向上にこの構造的な問題を乗り越える必要があります。

歯科医院を経営はほぼ間違いなく歯科医師です。歯科衛生士の立場から少人数の組織内で主導的に立場や待遇を向上させる事が出来ないという体制としての問題を歯科衛生士が個人で工夫や対応をしたり、中には泣き寝入りをして歯科衛生士という仕事から離れてしまう人も多いようです。

bluegate-dhでは歯科衛生士が個人で悩みがちな、就職・転職などの求人についてや給料や年収、残業などの労働契約、パワハラやセクハラなどの人間関係まで歯科衛生士が個人で問題解決するための様々な情報を提供していきます。

歯科衛生士の仕事

歯科衛生士は歯科医院、総合病院の歯科、地域の保健センターや保健相談所、特別養護老人ホームなどで活躍する仕事です。

歯科助手と混同されることが多いですが、歯科助手は資格が不要であり、対して歯科衛生士は歯石除去などの専門知識と技能を身につける必要があります。

ちなみに歯科技工士は、歯科医師の指示に基づき、歯科治療に必要な歯科技工物(義歯、つぎ歯、金冠、充てん物、歯列矯正装置など)の製作修理加工を行います。

歯科衛生士の就業場所は、歯科医師の指示に基づき、歯科治療に必要な歯科技工物(義歯、つぎ歯、金冠、充てん物、歯列矯正装置など)の製作修理加工を行い、歯科医療をサポートする仕事と言われていますが、ほとんどの場合が歯科医院でしょう。

大学で歯科衛生士を専攻した方がそのまま大学病院で歯科衛生士として活躍する場合もありますし、介護の現場で活躍する歯科衛生士もいます。

歯科衛生士学校だけでなく、実際の患者に対して歯石歯垢の除去や、正しい歯ブラシの使い方の指導のほか、器具などの専門知識と技能を身につけ常にスキルアップする事が求められます。

仕事内容も歯科助手と混同されることが多いですが、歯科助手は資格が不要なので口腔内に手を入れる事は出来ません(ドクターの補助は可能です)歯石除去などの準備管理、また受付事務やカルテの整理なども行います。


歯科衛生士 求人転職情報コラム

パワハラやセクハラで転職した歯科衛生士

ブランクがある歯科衛生士の再就職

ママさん歯科衛生士が働くために

介護業界で活躍したい歯科衛生士

技術に不安があっても好条件で転職できる

新卒で歯科衛生士が就職活動をする時

歯科医院で働く時の心がけ

歯科業界でぴったりな仕事探し

歯科衛生士がアルバイトで働く

歯科衛生士が正社員で働く

歯科衛生士が派遣で働く

歯科衛生士転職する時に

歯科衛生士が高給を狙うなら

歯科衛生士転職サイトを活用する

歯科衛生士転職サイトを活用する

給料・年収も気になる歯科衛生士の仕事場