新宿区の歯科衛生士求人、転職情報

新宿区の歯科衛生士、求人情報における2018年版平均給与

  • 常勤:27.6万円
  • 時給:1600〜2000円

平均は26.7万円だが、経験者になると45万円という高給の求人もあるので保有している資格や経験に合わせて求人の内容を確認する事が必要。

新宿区で歯科衛生士が働く上での地域的な特徴

東京だけでなく日本で一番の利用人数を誇る新宿駅を中心とする新宿区は歯科医院の多さも渋谷区に匹敵するほどの激戦区です。

新宿区は東京都庁がある事から、日本最大のオフィス街、そして歌舞伎町を中心にした歓楽街、高島屋やルミネなどのショッピングなど「都会」にあるもので、ないものはないという、日本だけでなくアジアの中でも有数の人口密集地となります。

新宿区は新宿駅の利便性が非常に高いのでやや遠方(千葉県や埼玉県、神奈川県、都内でも八王子など)からでも問題なく通勤出来るので高給を狙いたいが、住んでいる場所にそのような求人情報が無いという方には、難しい要望に応えてくれる貴重なエリアであることは間違いありません。

住宅地もしっかりとあるので、昼間人口だけでなく夜間人口も多く歯科医院の経営に非常に適した場所です。

早稲田、高田馬場という古くからの学生街があるので都心部だけの側面だけで新宿区を語ることは出来ません。

新宿区はファミリー層、ビジネス層、シルバー層の様々な顧客が多く存在する歯科医院にとっても歯科衛生士にとっても魅力的な場所です。

新宿区というと、新宿駅を中心に就業先の歯科医院を探してしまいがちですが歯科衛生士自身のキャリアやスタイルなどを考えて住宅地エリア(落合)、学生街エリア(早稲田)など最適な場所を選択すべきでしょう。

忘れては行けないのが、飯田橋から神楽坂など古くからある花街の面影を匂わす飲食街です。

この近くの歯科医院へ務めることができる歯科衛生士は仕事後の楽しみに事欠くことはないでしょう。

そして、20代の人口が全国平均と比較して非常に高いことも特徴ですので歯科衛生士の平均年齢にぴったりの土地柄とも言うことが出来ます。

慶應義塾大学病院や東京医科大学病院、東京女子医科大学病院などの大学病院、国立国際医療研究センター戸山病院などの大きな病院も多いので大学病院内の歯科・口腔外科で歯科衛生士として活躍の道を模索するという方も多いのではないでしょうか。

新宿区の2018年最新版の歯科医院、歯科医師の数

  • 歯科医師の数:753(全国平均:81.44)
  • 歯科医院の数:413
  • 人工10万人あたりの数:225.75(全国平均:54.22)

夜間人口(居住者)は199,280人であるが、区外からの通勤者と通学生および居住者のうちの区内残留人口の合計である昼間人口は542,803人で昼は夜の2.724倍の人口になる

歯科衛生士が渋谷区で働くメリット

歯科衛生士の給与面での水準は全国トップクラスです。さらに求人数も多く歯科医院がそれぞれの特徴を活かした求人内容が多いことも新宿区で歯科衛生士が働く大きなメリットの一つです。

40歳でキャリアのある歯科衛生士であれば月給45万という信じられないような条件もありますので、今までの歯科衛生士という仕事で得られる給与の上限を遥かに越えた待遇で歯科衛生士業務に就くことが出来るでしょう。

新宿は池袋や渋谷、東京駅ともアクセスが良いので他の高給エリアと比較して一番良い条件を探せるという立地的な優位性も無視することが出来ません。東京の都心、それも山の手県内という別格の優位性をぜひ活用したいところです。

新宿区の歯科医院は、例えば予防に力を入れる、審美的な治療を専門的に行う、歯科衛生士が担当するホワイトニングを全面に出すなど歯科医院の経営方針が様々ですので働きながら認定資格を取得させてもらうなどのキャリアアップの場としても歯科衛生士としての将来を考えると大きなメリットが有るはずです。

セミナー参加の補助などの条件を加えている歯科医院が多いので必ずチェックする必要があるでしょう。

渋谷区、港区など山の手圏内全般に言えることではありますが、新宿区は特に就業時間後にそのまま新宿駅に買い物や食事などプライベートの楽しさを満喫できる環境であることも特記すべき項目です。

家賃補助などの条件を出している歯科医院を集中的に応募し、地方から都心に引っ越すという夢のような求人情報の活用が出来ることも新宿区の特徴です。

歯科衛生士が渋谷区で働くデメリット

新宿区の歯科衛生士求人はまさに空前の売り手市場なので、給与も軒並み高給です。

しかし、条件をよく読むと「歩合」という言葉が入っている場合があります。

これは、自費の予防やホワイトニングなど歯科衛生士の売上を歩合とした場合の上限という表現を使用している場合が多く見られます。

この事に気づかずに求人情報の数字だけに目を奪われて就労後に実際は「それほど高給にならなかった」という事になりかねないので注意が必要です。

歩合の場合には事前に必ず確認をしておきましょう。

新宿の歯科医院は診療時間が長くなりがちですので、やはり拘束時間が長いという大きなデメリットが出てきます。ただし、パート・バイトなどの契約で時間を自由にしてもらうという考え方もありますのでライフスタイル次第ではデメリットも感じなくなるでしょう。

渋谷区で歯科衛生士が選ぶべき歯科医院

新宿区での歯科医院の選び方は、2つのポイントがあります。

新宿区の歯科医院でどこまでの高給を狙うか

新宿の歯科衛生士の給与は上限知らずで地方の歯科衛生士と比較して体感的には倍近いい開きがあります。ただし、この給与が歩合を含むものだったり接客や患者のマネージメントなど高度な接遇能力を求められるなど「営業マン」的な要素を歯科医院から求められることもあるので、どこまでも高給を狙っていくと後々、自分への負担として跳ね返ってきてしまいます。

そこで、まず欲しい給与の大まかな数字を決めてその中で決めていくという売り手市場ならではの「失敗しない選び方」を行うべきでしょう。

歯科医院の付加価値をどこに見つけるか

専門的な治療を行っていたり、予防、ホワイトニングなど歯科衛生士ならではの治療・施術に力を入れている歯科医院で経験を積んだり、学会の認定を働きながら取らせてもらうなどの、キャリアアップとしての付加価値を働く場に求める事が許されるのも新宿区の特徴です。

特に予防メンテナンスは今後の歯科界の中でより大きくなるマーケットですのでここでのキャリアは今後の歯科衛生士としての立ち位置を大きく左右するはずです。

さらに、仕事後の楽しみや福利厚生など売り手市場であることを前提に歯科医院の付加価値をどこに見つけるか、求人情報の福利厚生欄だけでなくオフィシャルサイトの求人ページなどもよく確認して検討してください。

東京都の歯科衛生士 求人情報を活用するうえでの地域的な特徴

東京都を代表するビジネス街、繁華街が大きく栄えているエリア

東京都を代表するエリアは日本を代表する事と同じ意味を持ちます。人口が密集しているだけでなく通勤や娯楽、ショッピング、地方や外国からの観光だけでなく、質の高い歯科医療を求めてくる人や、富裕層が多く存在しているエリアでもあります。

このエリアの歯科医院では単に歯科治療だけでなく、接遇や安全性など一般の歯科医院のレベルよりもハイレベルなものを求められます。その一方で歯科衛生士の人不足は慢性的に不足しています。歯科衛生士資格に加えて、マナー講座や接遇セミナーなどに出席して身だしなの整え方を学ぶなどしていれば同年齢の別業種よりも遥かに高額の給与を手に入れることが出来るでしょう。

港区
青山、表参道、品川、六本木、乃木坂、赤坂、白金、麻布、汐留など全国屈指の華やか街で歯科医療に関われる機会が多い事でしょう。
新宿区
市ヶ谷、早稲田、神楽坂などを擁する、新宿区ですが、日本で一番乗降数の多い新宿駅(新宿都庁や歌舞伎町、新宿ゴールデン街など)の印象が強く、歯科医院選定の時の基準になりそうです。
品川区
品川、天王州、大崎、大井などを擁する品川区、東海道新幹線の発着駅である品川駅がありますので東京の西の入り口として機能しています。神奈川県からも通勤しやすいので交通の利便性が歯科医院選定のポイントになりそうです。
渋谷区
神宮前、表参道、代官山、恵比寿、神泉、代々木上原などを擁する渋谷区は甲州街道や山手線など交通の要になっています。
豊島区
駒込、巣鴨、大塚などを擁する豊島区ですが、やはり池袋駅周辺の印象が強く豊島区という名前よりも池袋という地名のほうが有名です。
目黒区
中目黒、祐天寺、学芸大学、都立大学、自由が丘など芸能人や有名大学の印象が強い目黒区ですが都心部への交通が便利な高級ベッドタウンとしての地域色が濃いようです。
千代田区
皇居がある千代田区は東京駅を始め、丸の内、大手町、霞が関、永田町、内幸町、飯田橋、麹町、神田など官僚とオフィス街の印象が強いですが、秋葉原駅などもあります。

所得の比較的多い層が暮らす東京都のベッドタウン

中央区
日本橋、八重洲、築地、月島、晴海、銀座など日本屈指の商業エリアがある中央区ですが、オフィスの密集地でもあります。歯科医院の患者は遠方からの観光客よりもオフィス街のビジネスマン、OLが主たる診療の対象となることでしょう。
文京区
大塚、春日、本郷、小石川、小日向、本駒込、目白台、千駄木、根津、白山、本駒込、湯島、などの閑静な住宅地や六義園、後楽園、小石川植物園などの庭園、そして東京ドームやラクーアなどのスポーツ施設や商業施設などがあるので働く場だけでなく、生活の場としても魅力的なエリアです。
世田谷区
北沢、玉川、砧(きぬた)、烏山(からすやま)などからなる世田谷区は高級住宅地として非常に有名で古くから戸建ての憧れの地として全国的に有名なエリアです。20代30代の若い家族も多く、予防に力を入れたい歯科医院が多く存在します。
杉並区
高円寺・阿佐ヶ谷・荻窪・西荻窪などを中心に栄えているエリアで交通の要所を多く内包しているので住宅地としても非常に住みやすいエリアです。したがって、人口も多く一日の来院患者数の多い歯科医院が多いことが特徴です。

東京都の産業を支える下町兼、住宅地

台東区
上野、浅草、駒形、蔵前などを要し、秋葉原も台東区にあります。雷門や浅草寺と東京スカイツリーも台東区です。この街に古くから住んでいる人達が予防歯科の対象となるでしょう。
大田区
羽田空港(東京国際空港)がある大田区には蒲田、大森、田園調布などがあります。モノレールなどもありますが基本的に日本の工場、工作技術が集まった場所という印象が強いエリアです。古くからこのエリアに住む層がいるので長く診療に当たることが出来る歯科衛生士が求められています。
中野区
中野サンプラザで有名な中野区では古くから住宅地であった背景から高齢層と若年層の人口が多いという特徴があります。したがって、家族単位で歯科医院に通う層が多いエリアと言えます。
北区
板橋、十条、赤羽という東京都の文字通り北側に位置する北区では少子高齢化の波をもろに受けて人口が減っているエリアですので義歯や訪問歯科に力を入れる歯科医院が相対的に多い傾向にあります。
墨田区
東京スカイツリーをすぐ近くに見ることが出来る墨田区は、錦糸町、押上を始め多くの路線が入り組んでいる事も特徴です。したがって様々な診療スタイルの歯科医院が混在していいます。

東京都心部で働くための人口密集地

荒川区
町屋、荒川、西尾久、西日暮里、東尾久、東日暮里、南千住などの下町が多いエリアです。昼間人口と夜間人口の差が小さく昼間に仕事で他の区に行く人が少ないエリアです。したがってシルバー層(入れ歯、義歯、訪問歯科)などへのケアを志す歯科衛生士におすすめです。
板橋区
板橋区は隣接区へ仕事に行く人と隣接区から仕事に来る人の差分を見るとあまり変化がなく、住宅地としての側面と仕事をする場としての両方の側面を持つエリアです。歯科医院のタイプも保険から自費、矯正、外科処置までをトータルで行う幅広い診療スタイルが多いエリアです。
練馬区
石神井、大泉学園、保谷、新江古田など有名な地名が多いだけでなく、環七、環八、関越、外環など車で移動する場合の幹線道路も多いエリアです。池袋駅が近いので練馬区だけで歯科衛生士の求人を考える事は少ないと思いますが、住宅地には広い年齢層が住んでいるので、様々な経験を積みたい歯科衛生士は検討すべき区ではないでしょうか。
葛飾区
水本、金町、柴又、亀有、青戸、青砥、お花茶屋、堀切、立石、四ツ木、奥戸など江戸時代からの下町に、柴又帝釈天という観光名所を内包する葛飾区は文字とおりの下町の住宅地という特徴が今も続いています。このエリアは千葉県から東京都へ給与などの条件が高いことを理由に越境してくる歯科衛生士が多いことが特徴です。
江戸川区
昼と夜で人口が3倍近く違うエリアは東京都内屈指の住宅地のエリアです。葛西臨海公園が有名ですが、小岩、葛西などの地名も知っている人は多いのではないでしょうか。このエリアは賃貸の賃料が安い事が特徴で外国人の比率が高くこのエリアで歯科医院を探す歯科衛生士は少ないのですがその分、給与などの条件は高い歯科医院を選ぶことが出来ます。
江東区
亀戸、大島、新木場、門前仲町、豊洲、東雲、越中島など古い地名もたくさん残っています。東京ビッグサイトや国際展示場などが有名ですが、やはり歯科医院は新興のタワーマンションに住みだした若い家族をターゲットにしている歯科医院が設備や内装の充実が期待出来るため、仕事への満足感が高いエリアと言えるでしょう。
足立区
隅田川と荒川に囲まれた足立区は以前は治安などの不安があったようですが、実際は23区内でも安全性が高いエリアといえます。大学の誘致なども行っているので街全体がキレイになっていく事でしょう。若い家族向けに幅広い診療を行っている歯科医院が多く経験を積みたい歯科衛生士におすすめです。