豊島区(池袋)

豊島区(池袋)の歯科衛生士、求人情報:2018年12月10日の平均給与

  • 常勤:25.3万円
  • 時給:1570円

豊島区(池袋)の歯科衛生士求人情報は池袋駅周辺とそれ以外の駒込や目白、巣鴨や新大塚などのエリアは給与や福利厚生などの条件やそもそも開業している歯科医院の数が違います。そこで、まず池袋周辺のエリアで高給高待遇の歯科医院にするか、比較的落ち着いて住みやすく便利なエリアを狙って歯科医院を探すかという選択をすることから求人情報を探すと良いでしょう。

豊島区(池袋)で歯科衛生士が働く上での地域的な特徴

全国的に有名な池袋駅がある豊島区(池袋)。この地域で歯科衛生士が求人情報、転職先の歯科医院を探す場合は一つの区の中に様々な立地条件の歯科医院が存在している事を考えながら求人情報を精査することが必要になります。

まず池袋駅周辺は歯科医院の数も多く、高給高待遇が期待できます。豊島区(池袋)の人口動態は全国平均で見ると若年層が多いという集計があります。これは立教大学、学習院大学、川村学園女子大学、東京音楽大学という有名で生徒数の多い大学が多数あることも影響しています。そして目白など高級住宅地が世帯人数の多い家庭を内包している点も大きく影響しているようです。池袋駅はその人口動態のほとんどの人達が使う「通り道」となっているので多くの歯科医院が開業し、慢性的に歯科衛生士が不足するという事態に陥っているのです。

したがって、高給高待遇を望むのであればまず池袋駅周辺の求人情報を検索するところからスタートして就職、転職活動をスタートさせましょう。池袋駅周辺の歯科医院は、有給の取得率や残業なしなど給与だけでなく自由な時間をどれだけ充実できるかという点にも着眼した雇用条件が多く、歯科衛生士の仕事以外に趣味のある人や家庭を大切にしたい人が高給高待遇で働きやすい環境が整っています。

池袋駅以外のエリア、例えば巣鴨や目白などは豊島区(池袋)全体が日本一の人口密集地であることからわかるように人口が多いながらも地区ごとの特徴がはっきりしているので落ち着いて自分に合った職場を探しやすいという特徴があります。

目白であれば、自費率が高い歯科医院が多く、巣鴨などは保険治療、特に入れ歯・義歯の比率が当然多くなります。池袋駅周辺が再開発の計画が多いこともあり今後さらに人口の集中と歯科医院の新規開業が多くなることが予想されます。そこで、新規開業の歯科医院を狙い、オープニングスタッフとして就業するという選択肢も視野にいれるべきです。

新規開業時はどうしてもスタッフが必要になる事と、開業資金がありますあので条件も割高で募集されることが多いのです。内装も新しく綺麗で人間関係の軋轢も少なく、高待遇の歯科医院が豊島区(池袋)で歯科衛生士の求人情報を探す時のポイントにしてください。

豊島区(池袋)の最新版の歯科医院、歯科医師の数

  • 歯科医師の数:449(全国平均:81.44)人
  • 歯科医院の数:312
  • 人工10万人あたりの数:154.21人

夜間人口(居住者)は233,141人であるが、区外からの通勤者と通学生および居住者のうちの区内残留人口の合計である昼間人口は378,475人で昼は夜の1.623倍の人口になる

歯科衛生士が豊島区(池袋)で働くメリット

歯科衛生士の求人条件で豊島区(池袋)は全国トップクラスです。特に池袋駅周辺は高給高待遇の歯科医院が多く、社会保障完備などはほとんどの歯科医院が実施しています。

給与条件だけでは差をつけることができないため、福利厚生や社会保障、子育て支援などの条件を向上させて歯科衛生士の働きやすさをアピールする歯科医院が多いので自分のライフスタイルに合った歯科医院でなおかつ高給を狙うことができます。

言うまでもなく池袋駅を中心に都心の山の手圏内に位置する豊島区(池袋)では住みやすさはもちろんの事、交通の利便性、ショッピングや都会にあるものはほぼそろっているので、生活の質を上げる事が可能なエリアです。

サンシャイン60や芸術劇場など様々なランドマークがあるので、特に地方から東京へ引っ越してきた場合など毎日が楽しくなることは間違いありません。

豊島区(池袋)は池袋に代表される繁華街というイメージが強いですが目白や巣鴨など非常に治安が良い事が特徴です。これは診療後の帰宅時に女性が一人で歩いて安心して帰れる事を意味しています。いくら高給高待遇でも治安の悪いエリアでは不安で日々の生活を送れないという方にとっては大きなポイントではないでしょうか。歯科医院によっては家賃補助の手当を出してくれるところもあるので家賃が高い駅チカでも諦める必要はありません。驚くほど生活レベルを上げることができるエリア、それが豊島区(池袋)で働く大きなメリットです。

豊島区は待機児童が0なので子育てをしながら働きたい歯科衛生士にとって非常に良い環境と言えます。求人情報に子育て支援があるかどうかの確認を必ず行いましょう。

歯科衛生士が豊島区(池袋)で働くデメリット

豊島区は近隣に移住しようとすると、物価の高さ、特に賃貸物件の賃料が他府県の相場と比較して割高である事が大きなデメリットになります。歯科医院の手当に家賃補助があればむしろ生活レベルを上げることになるので求人情報の内容を最初に確認すべきでしょう。

池袋と巣鴨など同じ豊島区でも街の様相ががらっと変わるので同じ豊島区だからといって安易に住む場所を決めてしまうと後々公開することがあるので注意しましょう。

巣鴨や目白などの治安がいい住宅地に比べ池袋駅周辺は治安が悪いという印象が強いようです。深夜まで賑わっているので落ち着いて暮らしたい方や小さなお子さんがいる場合は別のエリアも検討したほうがよいでしょう。

激戦区ではホワイトニングや自費の予防メニュー等を歩合制で高給を求人情報に提示している歯科医院があります。詳しく求人を見ないと理解できないような書き方の場合があるので、よく読むように心がけましょう。

例えば「3年以上経験の場合は、最大で70万以上可能」などと現実離れした求人情報が出ている場合この「可能」という文言が歩合を示している場合があります。このように「働き方次第」という言い回しは歩合の要素が強いので気をつけましょう。

雇用契約をコロコロ変えてしまう個人経営の歯科医院の可能性があるので、こちらも気をつけてください。就業時に雇用契約書の有無を確認しましょう。

豊島区(池袋)で歯科衛生士が選ぶべき歯科医院の求人情報

まず池袋駅周辺であれば、給与と待遇が候補医院の中でどのレベルなのかを確認してできるだけ良い条件を選びましょう。

次に、福利厚生や社会保障などを確認して子育てのしやすさや特に家賃補助、引っ越し費用の助成などがあるかどうかを求人情報中から見つけ出しましょう。

東京都で給与水準の高い求人情報が多いエリアでは総じて同じ事がいえますが、認定資格や接遇能力を備えることによりさらに高給や高待遇を狙うことが出来るので資格や経験に手当を出してくれる歯科医院を選ぶべきです。

そして「セミナーや講習会の全額補助」や院長が各学会の専門医、認定医を持っており歯科衛生士が認定を取得する時に推薦文を書くことが出来るなどの歯科衛生士のキャリアアップにどのくらい積極的でなおかつ実績があるかどうか求人サイトの情報だけでなく、歯科医院のWebサイトにある院長やスタッフの情報ページで確認しましょう。熱心に情報発信をしている歯科医院ではブログに勉強会の様子などを載せている場合もあるので必ずチェックしましょう。

巣鴨や目白などのエリアの場合は、池袋駅周辺ほど神経質に求人情報を比較する必要はありませんが、歯科衛生士の慢性的な不足状態は同じですのでやはり給与面は妥協しない用がよいでしょう。治安もよく、住みやすいエリアが多いので家賃補助、引越し費用の助成は必ず求人情報を確認してください。さらに、子育て支援にどのくらい力をいれているか、求人サイトだけでなく歯科医院のWebサイトで確認をすることが必要です。

東京都の歯科衛生士 求人情報を活用するうえでの地域的な特徴

東京都を代表するビジネス街、繁華街が大きく栄えているエリア

東京都を代表するエリアは日本を代表する事と同じ意味を持ちます。人口が密集しているだけでなく通勤や娯楽、ショッピング、地方や外国からの観光だけでなく、質の高い歯科医療を求めてくる人や、富裕層が多く存在しているエリアでもあります。

このエリアの歯科医院では単に歯科治療だけでなく、接遇や安全性など一般の歯科医院のレベルよりもハイレベルなものを求められます。その一方で歯科衛生士の人不足は慢性的に不足しています。歯科衛生士資格に加えて、マナー講座や接遇セミナーなどに出席して身だしなの整え方を学ぶなどしていれば同年齢の別業種よりも遥かに高額の給与を手に入れることが出来るでしょう。

2018年12月10日の求人情報分析

港区
青山、表参道、品川、六本木、乃木坂、赤坂、白金、麻布、汐留など全国屈指の華やか街で歯科医療に関われる機会が多い事でしょう。
新宿区
市ヶ谷、早稲田、神楽坂などを擁する、新宿区ですが、日本で一番乗降数の多い新宿駅(新宿都庁や歌舞伎町、新宿ゴールデン街など)の印象が強く、歯科医院選定の時の基準になりそうです。
品川区
品川、天王州、大崎、大井などを擁する品川区、東海道新幹線の発着駅である品川駅がありますので東京の西の入り口として機能しています。神奈川県からも通勤しやすいので交通の利便性が歯科医院選定のポイントになりそうです。
渋谷区
神宮前、表参道、代官山、恵比寿、神泉、代々木上原などを擁する渋谷区は甲州街道や山手線など交通の要になっています。
豊島区
駒込、巣鴨、大塚などを擁する豊島区ですが、やはり池袋駅周辺の印象が強く豊島区という名前よりも池袋という地名のほうが有名です。
目黒区
中目黒、祐天寺、学芸大学、都立大学、自由が丘など芸能人や有名大学の印象が強い目黒区ですが都心部への交通が便利な高級ベッドタウンとしての地域色が濃いようです。
千代田区
皇居がある千代田区は東京駅を始め、丸の内、大手町、霞が関、永田町、内幸町、飯田橋、麹町、神田など官僚とオフィス街の印象が強いですが、秋葉原駅などもあります。

所得の比較的多い層が暮らす東京都のベッドタウン

中央区
日本橋、八重洲、築地、月島、晴海、銀座など日本屈指の商業エリアがある中央区ですが、オフィスの密集地でもあります。歯科医院の患者は遠方からの観光客よりもオフィス街のビジネスマン、OLが主たる診療の対象となることでしょう。
文京区
大塚、春日、本郷、小石川、小日向、本駒込、目白台、千駄木、根津、白山、本駒込、湯島、などの閑静な住宅地や六義園、後楽園、小石川植物園などの庭園、そして東京ドームやラクーアなどのスポーツ施設や商業施設などがあるので働く場だけでなく、生活の場としても魅力的なエリアです。
世田谷区
北沢、玉川、砧(きぬた)、烏山(からすやま)などからなる世田谷区は高級住宅地として非常に有名で古くから戸建ての憧れの地として全国的に有名なエリアです。20代30代の若い家族も多く、予防に力を入れたい歯科医院が多く存在します。
杉並区
高円寺・阿佐ヶ谷・荻窪・西荻窪などを中心に栄えているエリアで交通の要所を多く内包しているので住宅地としても非常に住みやすいエリアです。したがって、人口も多く一日の来院患者数の多い歯科医院が多いことが特徴です。

東京都の産業を支える下町兼、住宅地

台東区
上野、浅草、駒形、蔵前などを要し、秋葉原も台東区にあります。雷門や浅草寺と東京スカイツリーも台東区です。この街に古くから住んでいる人達が予防歯科の対象となるでしょう。
大田区
羽田空港(東京国際空港)がある大田区には蒲田、大森、田園調布などがあります。モノレールなどもありますが基本的に日本の工場、工作技術が集まった場所という印象が強いエリアです。古くからこのエリアに住む層がいるので長く診療に当たることが出来る歯科衛生士が求められています。
中野区
中野サンプラザで有名な中野区では古くから住宅地であった背景から高齢層と若年層の人口が多いという特徴があります。したがって、家族単位で歯科医院に通う層が多いエリアと言えます。
北区
板橋、十条、赤羽という東京都の文字通り北側に位置する北区では少子高齢化の波をもろに受けて人口が減っているエリアですので義歯や訪問歯科に力を入れる歯科医院が相対的に多い傾向にあります。
墨田区
東京スカイツリーをすぐ近くに見ることが出来る墨田区は、錦糸町、押上を始め多くの路線が入り組んでいる事も特徴です。したがって様々な診療スタイルの歯科医院が混在していいます。

東京都心部で働くための人口密集地

荒川区
町屋、荒川、西尾久、西日暮里、東尾久、東日暮里、南千住などの下町が多いエリアです。昼間人口と夜間人口の差が小さく昼間に仕事で他の区に行く人が少ないエリアです。したがってシルバー層(入れ歯、義歯、訪問歯科)などへのケアを志す歯科衛生士におすすめです。
板橋区
板橋区は隣接区へ仕事に行く人と隣接区から仕事に来る人の差分を見るとあまり変化がなく、住宅地としての側面と仕事をする場としての両方の側面を持つエリアです。歯科医院のタイプも保険から自費、矯正、外科処置までをトータルで行う幅広い診療スタイルが多いエリアです。
練馬区
石神井、大泉学園、保谷、新江古田など有名な地名が多いだけでなく、環七、環八、関越、外環など車で移動する場合の幹線道路も多いエリアです。池袋駅が近いので練馬区だけで歯科衛生士の求人を考える事は少ないと思いますが、住宅地には広い年齢層が住んでいるので、様々な経験を積みたい歯科衛生士は検討すべき区ではないでしょうか。
葛飾区
水本、金町、柴又、亀有、青戸、青砥、お花茶屋、堀切、立石、四ツ木、奥戸など江戸時代からの下町に、柴又帝釈天という観光名所を内包する葛飾区は文字とおりの下町の住宅地という特徴が今も続いています。このエリアは千葉県から東京都へ給与などの条件が高いことを理由に越境してくる歯科衛生士が多いことが特徴です。
江戸川区
昼と夜で人口が3倍近く違うエリアは東京都内屈指の住宅地のエリアです。葛西臨海公園が有名ですが、小岩、葛西などの地名も知っている人は多いのではないでしょうか。このエリアは賃貸の賃料が安い事が特徴で外国人の比率が高くこのエリアで歯科医院を探す歯科衛生士は少ないのですがその分、給与などの条件は高い歯科医院を選ぶことが出来ます。
江東区
亀戸、大島、新木場、門前仲町、豊洲、東雲、越中島など古い地名もたくさん残っています。東京ビッグサイトや国際展示場などが有名ですが、やはり歯科医院は新興のタワーマンションに住みだした若い家族をターゲットにしている歯科医院が設備や内装の充実が期待出来るため、仕事への満足感が高いエリアと言えるでしょう。
足立区
隅田川と荒川に囲まれた足立区は以前は治安などの不安があったようですが、実際は23区内でも安全性が高いエリアといえます。大学の誘致なども行っているので街全体がキレイになっていく事でしょう。若い家族向けに幅広い診療を行っている歯科医院が多く経験を積みたい歯科衛生士におすすめです。